レディー

テレビ番組に出てみたいと思っているのなら自分でチャンスを掴む

ドラマ出演のチャンス

ステージ

視聴率至上主義

テレビ番組において欠かせないジャンルであるテレビドラマですが、ドラマの出演者を見ると知名度が高く、20代、30代といった年齢層に人気のあるタレントが主役や準主役級に据え置くキャスティングというのが定番になっています。テレビ番組は視聴率至上主義ですから役のイメージよりもタレントの人気・知名度が優先されます。視聴率をそこそこ取れそうなタレントを中心に据え置くことでドラマの話題性と宣伝効果が期待され注目されることになるのです。こうしたドラマの出演依頼は撮影の一年前からドラマプロデューサーから出演者本人や事務所に話を持ち掛けられます。テレビ番組を掛け持ちする人気タレントであれば一年あるいはその先までスケジュールが埋まっていますからこのように一年以上も前に話を持ち掛けるのです。

ブレイクのきっかけに

こうしたテレビドラマのキャスティングに関してはプロデューサーから話しを持ち掛けるだけではなくタレント事務所からも持ち掛けられることもあります。そのため、タレント事務所に所属しておけばチャンスが広がることは間違いありません。ただし、テレビ番組からいつでも引く手あまたの人気タレントとは違い、仕事のない無名のタレントは自らアピールしなければ仕事など貰える訳がありません。ですからキャストには有名タレントに混じって誰も知らない無名のタレントもたくさん出演しているのです。無名ですからキーポイントとなる役ではありません。その他大勢の役回りで、例えば学園ものの生徒役や会社の同僚役といったようなものです。しかしこうした役回りは主役が傍にいるので常に顔が映っており、セリフが少なくても目立つポジションにあります。目立つということは演技や表現を視て貰えるので自分を売り込む絶好のチャンスになります。こういう形で無名から一躍有名タレントに登り詰めたタレントも数多くあります。無名のタレントからすればドラマ出演は願ってもないブレイクするきっかけを掴むチャンスなのです。

社会性も身につく

男の子

キッズモデルと呼ばれる子どもが存在し年齢的には3歳から12歳までぐらいとされます。子役の場合は役柄をもらってテレビや映画で演技を行いますが、キッズモデルはテレビや雑誌を中心に活動する場合が多いとされます。芸能人のスタートを早い時期から切れ、収入も伴って来るので責任感も養えるとされます。

もっと読む

憧れの芸能人に出演依頼を

女性

芸能人や有名人を使って会社や企業の宣伝を行なう際には、キャスティングが重要となってきます。現在では、キャスティング事務所というものがあり、この事務所を利用することにより、キャスティングが効率的に行なえます。

もっと読む

才能のある人気者

男の人

タレントとはテレビやラジオで活躍する人たちのことを言います。モデルと歌手など複数の職業を兼業している人たちをマルチタレントと呼び、芸能界に関係の無い職業についていながらテレビで活躍する人もそう呼ばれます。

もっと読む